平成30年度秋季リーグ第二戦目 戦評

 第一戦目に苦しい思いを味わった府大の、秋季リーグ第二試合目の対戦相手は、2部リーグの常連、大阪大学。
 相手の初回の攻撃でミスを誘うと、納塚から空いたスペースに走り込んだ花市、そしてサイドから回り込んできた山下がそのまま打ち先制。その後取り返されるが、今度はエネルギッシュな1回生・井神がスピードに乗ってのカットインシュートでまたリードを奪う。相手のリスタートでファウルを犯した井神が退場するが、なんとか無失点で乗り切る。しかし、1回目のタイムアウト明けから流れが激変する。0:6の平面DFの中、得点源・納塚に一人だけ高い位置からマークする相手方。そのマークによって生じるオープンスペースを、納塚自ら、また井神が活かしてフィニッシュは、核弾頭・山下のシュートが「2弾」決まるが、相手方も大型シューターの3番を投入。4連続失点で再び突き放される。10分後、今日も好調な山下がマーク引き付け納塚がクロス、そのままシュートが決まりようやく得点。続いて佐用との抜群のコンビネーションから広瀬のシュートも決まる。相手のタイムアウト後の7mTも守護神・角田が読み切ってナイスセービングを成し遂げるが、前半は6-10の4点ビハインドで折り返す。

 

 後半から悪夢の始まり。相手の大型3番、スピードのあるサイド5番からまた4連続失点。得点機がやってきたのは、後半開始から10分後。井神の果敢なチャレンジで得た7mTを納塚がきっちり決める。また後半からしつこいマークを受けるようになった花市も、マークが厚い納塚・山下らからパスが通ると連続でしっかり決めるので、相手にも退場者が出て一時的に流れが府大に傾く。が、ここまで相手から再三のホールディングやDFでは10cm以上の体格差、そして得点力のある3番と対峙しなければならない納塚が疲弊し、後半2度目の7mTもバーにはじかれ失敗。山下、さらには後半から積極的な攻撃を仕掛ける佐用のシュートが打つもことごとく決まらない。点差があるゆえに、相手はフレッシュなメンバーも投入し次々とシュートを放ってくるが、GK角田の働きで失点はある程度食い止められた。それでも山下がファウルで退場してからも5連続失点。最後試合終了のホイッスルが鳴り響くときには、11-22の悔しさの残る結果だった。

【得点】山下4 花市3 納塚2 広瀬1 井神1

 前回からの課題であったシュート精度、OFDFでの気迫に加え、相手に応じて変化させる戦略を持っていなかったため敗戦したと振り返ります。次戦までにチームとしての強さを高めたいと思います。

第三戦目は、9月16日(日)11:15〜vs京都大学@関西外国語大学です。OB.OGの皆様、ご多忙とは存じますがご声援のほどよろしくお願いします。

【納塚】

 

*更新が大幅に遅れて申し訳ありませんでした。

平成30年度秋季リーグ第一戦目 戦評

 2部昇格を迎えての初の秋季リーグ第一試合目、対戦相手は、春季リーグ2部1位、強豪・関西福祉科学大学。
 相手に先制され、2点ビハインドの前半5分、前チームからの主砲、納塚がロングシュートを突き刺し1点目をもぎ取る。同じく前チームからレギュラーの地位を確立していた副主将、山下も冷静にシュートを決め、その後も納塚・山下の左腕コンビでなんとか2点差のまま食らいついていくが、その後相手の猛攻にさらされ、6点差開いたところでタイムアウトを取るが、流れは変わらず失点が重なる。前半終了間際に、納塚、広瀬のクロスで綺麗にマークを集中させた結果、フリーとなった主将、花市がしっかり決め、前半を8-16で折り返す。

 後半も先制されるが、府大も納塚が1vs1で一人、シュート時にもまた一人、相手をかわしシュートを決めすぐに取り返す。後半からDFシステムを変更し反撃の機会をうかがうが、肝心のシュートが決まらない。後半10分、山下、佐用で後半だけのスコアを見れば、5-5だがその後は徐々に点差が開き始める。積極果敢に突破を試みるものの、機動力、フィジカルとともに1枚上手の相手、簡単に割らせてもらえない。一瞬自分にマークが集まった納塚からのパスで花市がシュートを押し込むも、10点差以上開き、府大2度目のタイムアウト。タイムアウト明け、再三のクロス攻撃が頭に染み付き前に出てこなかった相手の頭上を、1回生、井神が好判断で打ち込み得点、そして、その後の攻撃では、納塚を中心にタイムアウト前と同様に攻め込むが惜しくもゴールバーをたたくばかり。それでも納塚が突破口を見出そうと厳しいマークの中打ち込むが、かえって相手の逆速攻を招くことになり最終的に、15-31で初戦を黒星で終える。

【得点】山下5 納塚3 広瀬2 花市2 井神2 佐用1

 現チームの初の2部でのリーグ戦。フィジカル、スピードがこれまでより数段上の相手に、さらにシュート精度、OFDFでの気迫、単純なパスキャッチの点で劣ってしまい勝利を自分たちで遠ざけてしまいました。2部で戦うことの厳しさとここまでやられたかという悔しさを痛感いたしました。自分たちに足りなかったものは何か、しっかりと考え、次戦までに再び勝つぞ!という気持ちを高めながら、修正をしたいと思っております。
 次回第二戦目は、9月1日(土)11:15〜vs大阪大学@大阪大学です。OB.OGの皆様、ご多忙とは存じますがご声援のほどよろしくお願いします。

【納塚】

琉球コラソン 指導会

こんにちは、前回から少し早い更新となりました。

 

昨日は、OBの村上様の斡旋により、日本リーグのチームの一つで沖縄県を本拠地とする、琉球コラソンから、地元・堺市出身のベテランGK(ゴールキーパー)石田孝一選手、今春、大学を卒業されたばかりの新人の堤裕太選手をお招きし、ハンドボール指導会を開きました。

 

 

 

続きを読む

2018夏合宿in愛媛

こんにちは、読者の皆様、土用過ぎの暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

さて、私たち大阪府立大学ハンドボール部(以後、府大)は、8月13日から8月18日の6日間の行程で、愛媛県の方へ夏合宿に行きました。

大阪南港から東予港までフェリーで移動し、その後は連絡バス・JR線を使い県庁所在地である松山市に到着、14日は昨年の愛媛国体のハンドボールの試合のメイン会場ともなった松山市総合コミュニティセンター、15日・16日は愛媛大学城北キャンパスで練習及び練習試合を行いました。愛媛大学ハンドボール部さん、また15日からは徳島大学ハンドボール部さんらが手を貸してくださり、3大学ともケガ人を出すことなく熱心に競技に取り組みました。府大としては、練習試合の勝ち負けもありますが、秋季リーグに向けて新フォーメーションの実践や個人の欠点を見つけ改善することを意識して活動しました。また、ハンドボールを通して、他大の部員との交流することができました。

 

続きを読む

2018年度部員紹介および挨拶

こんにちは、ハンドボール部 2回生の納塚です。

長らく、滞っていたこのホームページをこれから約一年間、適宜更新していこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、先の春季リーグにて、私たちは2部昇格というたいへん喜ばしい結果で1つのシーズンを終えました。そして、4回生の引退とともに新チームが始動、新主将 花市 奏真(3回生)、新副主将 佐用 大晴(3回生)・山下 泰平(3回生)を中心とした1年が始まりました。主将の花市は、「2部で通用するチームになること」を目標に掲げ、チームを引っ張っていく所存です。

今までの活動を簡単に振り返ると、新人戦では同じく春季リーグで1部に昇格した神戸国際大学に惨敗しましたが、市大戦、首都大戦ともに勝利し、OB戦・OB総会では改めて2部昇格のお祝いをいただき、現在は、秋季リーグ前の夏休み中の練習に汗を流しているところです。

今回は、新しく入部した1回生や2,3回生の個性あふれる部員紹介の更新をいたしましたので、温かい目で見て頂いたら幸いでございます。
(納塚)